筋トレ プロテイン

筋トレにプロテインを使う|プロテインを使って筋トレを促進

筋トレをしていると、プロテインを勧めてくる人が必ずいます。
これ飲めよ! これ飲んだら筋肉付き易いよ! 彼らの言っている事は、半分正解で半分間違っています。
まず、プロテインを使って筋トレをしている人は筋肉の量が多いように感じませんか。
実際、プロテインを使う事で筋トレを同じ量やっても筋肉は付きます。
ただ、プロテインを使って付けた筋肉に否定的な意見も多いです。
プロテインは後々ただの肉になると言う人もいれば、すぐに筋肉が落ち易いと言う人もいます。
何が正解なのかは実際にプロテインを使って筋トレをしている人を見ると明らかです。

プロテインを使って筋トレをする事は悪い事ではありませんし、効果的に筋肉がつく事は間違いありません。
ただ、今後長期的に筋トレを続けていく必要があります。
一生、身体が動かなくなるまで自分の筋肉を衰えさせないという自信がある方や、一定期間だけ筋肉がついていて、その後はどうなっても良いと言う方はプロテインを使っても良いでしょう。
筋トレを長期的に考えていない方や、逆に長期的に筋肉をキープしていきたい、筋トレをヤメてもそれなりの筋肉を保ちたいという方はプロテインは使わない方が良いでしょう。

筋トレにサプリメントは必要か。

「絶対やせる」「簡単に痩せる」と言われるダイエット方法の中に、薬やサプリメントがあります。

やせるためのサプリメントとして注目されている「αリポ酸」は、体内に溜まってしまった余分な脂肪を燃焼しやすくし、さらに脂肪を燃焼しやすい体を作る手助けをしてくれる効果があります。血液中に含まれるブドウ糖の排出を促進させ、脂肪をエネルギーに変える効率を良くするなど、体脂肪を減少させながら、リバウンドしにくい体にしてくれます。αリポ酸は、L-カルニチンやコエンザイムQ10とともに摂取することにより、効果をさらに上げることが出来ます。

「絶対にやせる」と意気込んで、αリポ酸を過剰に摂取しても、その効果は変わりません。1日に摂取したいαリポ酸の必要量は100mgです。αリポ酸は、食事からも摂ることができますが、食事に置き換えると、ほうれん草は2,400袋、焼鳥のレバー串では20,233本と、1日に摂取するには不可能な量になってしまいます。このことからも「絶対に痩せる」「ダイエットをする」と効果を期待するなら、αリポ酸の摂取には、サプリメントの手助けが必要となります。

αリポ酸ダイエットの手助けとも言われる、アミノ酸の一種「L-カルニチン」の必要量は、1日300~1000mgです。L-カルニチンはラム肉や赤貝などに多く含まれていますが、αリポ酸と同様、食事だけでは困難となります。

筋トレの方法で最も効果的と言われているのは?

松下式最強筋トレDVD

松下式最強筋トレDVD

『本編DVD』と『追加DVD』の2部構成で筋トレをサポートしています。
本編ではトレーニングのベースとなるスタビライズ、丹田腹式呼吸、スタビライズをウエートトレーニングへ導入、スタビイゼーションのパターン基本、筋トレマインドなどを説明。
『追加DVD』では器具自体も自宅における物、一般的な腕立てなどの効果的な手法、スタビライゼーションの進化系、自宅でできるトレーニング手法などが収録されています。
本編と追加DVDを併せて実践する事で、効果的な筋トレを実践できます。

⇒筋トレDVDの詳細はこちらから